実際の体験談をご紹介

ギャンブルによる借金を100万円減らせました。(男性/30代)

男性/30代

私は現在、30代のサラリーマンですが、20代の頃は借金と無縁の生活を送っていました。

しかし、30代になると仕事にストレスを感じるようになり、
パチンコや競馬といったギャンブルをするようになりました。

最初のうちは趣味程度に楽しんでいたのですが、いつしかギャンブルにのめり込むようになる
給料だけでは足りなくなって、少しだけならという気持ちでつい借金をしてしまったんです。

そして、そんな時に限って競馬で勝ってしまい調子に乗り、
その後はますますギャンブルにお金をつぎ込みました。

給料が足りなくなった時は借金をして、ギャンブルをするという生活を続けたところ、
いつの間にか借金の総額が200万円以上に膨れ上がってしまったんです。

このような状態になると、さすがに自分でもマズイという気持ちはあったのですが、
そこまで多くないサラリーマンの給料では、いつになったら返済が終わるのか途方に暮れていました。

そんな時、雑誌に掲載されていたのが借金について無料相談することができる借金相談カフェでした。

私の場合、借金の理由がギャンブルなので話を聞いてくれるのか不安でしたが、ダメ元で相談してみました。
すると、ギャンブルの場合は自己破産は無理ですが、個人再生か任意整理なら可能と言われました。

とにかく、借金を減らすことを最優先にしたかったので、弁護士と相談した結果、個人再生をすることにしました。

そして、手続きを終えたところ、なんと200万円以上あった借金を100万円まで減らすことができました。

今回の経験で借金の恐ろしさが身をもって分かりましたので、
今後は一切ギャンブルをしないようにして、今は残りの借金を返済することに集中しています。

借金相談カフェ

借金相談カフェ
  • 借金をどれだけ減額できるか、過払い金の有無を無料で診断
  • 完全匿名で利用できて個人情報厳守なので、誰にもバレれない
  • 自分に最適な法律事務所や司法書士事務所を紹介してもらえる

その他の体験談

借金返済の悩みを解決する方法を教えます

日常生活を送る中、時にはお金が足りなくなることもあると思います。

その場合、消費者金融からお金を借りるのもひとつの手です。
しかし、借りたのはいいものの、借金がなかなか減らずに悩むこともあるかもしれません。

こちらでは、借金返済で悩んだ際に負担を軽くする方法をお伝えしたいと思います。

借金を払えないと、どうなるのか?

借金の支払い日を迎えても、お金が払えないこともあるかもしれません。

すると、支払いができる日にちの確認や支払いが済んでいないことを伝える目的で、債権者から電話がかかってきます
支払い日を教えた場合は、それ以降支払日まで電話がかかってくることはないでしょう。

ですが、支払い日を過ぎても支払いが済んでいなければ、支払う意思がないと判断されます。

その場合、債務者とコンタクトがとれるまで電話が何度もかかってくると思います。
場合によっては、債務者の勤務先を調べられ、職場まで電話がかかってくることもあります。

これを機に、借金問題が職場の人に知られてしまう可能性があるので、十分注意しなければなりません。

また、電話だけでなく内容証明郵便が送られてきます
内容証明郵便とは、債権者が未払金の督促をする際、債務者へ手紙を送ったことを郵便局が公的に証明してくれる郵便です。

そもそも、債権者が内容証明郵便を利用するのは、法的処置をとる際に正しいことを証明できるからです。
裁判が絡んでくると面倒なことになるので、支払い日にはお金をきちんと支払うようにしましょう。

まずは返済状況を知ることが大事

借りたお金の返済で悩んでいる場合、なんとか借金を減らせないか、良い方法はないか探している方もいるでしょう。

しかし、借金を少しでも早く返済するためには、今の返済状況がどのようになっているのかをきちんと把握する必要があります。この作業をしなければ、出口の見えないトンネルの中にいるのと同じで、いつまで経っても借金返済で悩むことになります。

よって、先に返済状況をハッキリさせてから、借金を減らす作業に取り掛かることが大切です。

返済状況を明確にするためにはまず、借入先や利率、返済予定日などをノートに書き出します
書いた内容を見ていくと、どの借入先の利率が高いのかが確認できるかと思います。

その際、利率が高めの借金から繰り上げ返済を行うなど、借金返済の良いアイデアが浮ぶこともあるはずです。

ちなみに、償還表や返済予定表が手元に欲しい場合、消費者金融に請求すれば基本的には送ってもらえます。
表をチェックする際の注意点としては、完済予定は期限が長く記されている場合もあるということです。

ですので、そのことをしっかり理解した上で表を調べてみてください。

節約して無駄な出費をなくす

借金を減らす方法としてすぐにできるのは、節約して余計な出費を抑えることです。

お金を使う場面としては、物欲を満たすための買い物や人付き合いなど様々です。
デパートへ行き、商品を眺めているうちに衝動買いしてしまうこともあるかもしれません。

お金に余裕があれば問題ないですが、借金のある方はその都度買い物していると、返せるものも返せなくなってしまいます。

自分が置かれている立場をよく考え、たとえ欲しいものがあったとしても、余裕ができるまで物欲は抑えることが大切です。
それから、付き合いで飲み会や食事に行くことも時にはあるかと思います。

人との関わりは大切ですが、借金返済で悩んでいる方はお金を返す方を優先させましょう。

なので、返済で苦しい時期はできるだけ交際費を抑えるように心がけてください。

ただし、人付き合いをすべて断るのもかえってストレスになる場合もあるので、
人とどうしても会いたい時には、お金のかからない店を選ぶなど工夫するといいでしょう。

オークションやアルバイトでお金を増やす

お金を早く返すためには、返済にあてられるお金を増やすことがポイントです。

しかし注意点として、それが確実にお金を増やせる方法であることです。
お金を増やす方法でギャンブルがありますが、稼げる保証がないので控えるようにしましょう。

では、どんなやり方であればお金をつくれるかというと、
身の回りのものをオークションで売ったり、アルバイトなどの方法です。

自宅にあるもので、普段ほとんど使っていないアイテムやブランド品も中にはあると思います。
ネット環境さえ整っていればオークションは気軽に始められるので、少しでもお金を増やすために挑戦してみるといいかもしれません。

自分では価値がないと思っていたものでも、場合によっては高額で売れることもあるので、
売れるか分からなくてもまずはオークションに出してみましょう。

また、勤めている会社が副業可能であれば、休みを上手く利用して日雇いのアルバイトをするのも良い方法です。

日雇いアルバイトを募集する企業の中には、ネットからの申し込みのみですぐに働けるところもあります。
ですので、体力に無理がないよう気を付けながら、お金を稼ぐのも一つの手です。

無料診断サービスを利用する

節約したり収入を増やしたりすることで、確かに借金問題の負担を軽くすることができます。

しかし、それでも返済に悩むこともあるかと思います。
その場合、借金相談カフェという借金の無料診断サービスを利用するのがおすすめです。

借金相談カフェは借金をはじめ、離婚や相続の悩みを解消させるためにスタートしたお悩み解決サービスです。

借金の悩みを解決したい場合は、ホームページ内にある「お悩み解決コラム」をチェックしてください。
そこでは、借金に関する様々な解決方法を知ることができます。

漫画つきのコラムもたくさんあるので、活字が苦手な方でも苦にならないでしょう。

また、借金減額シミュレーターという借金がいくら減るのかを診断できるツールもあります。
このツールの魅力は、匿名でお金をかけることなく利用できる点です。

診断結果によっては、借金が100万円近く減ることもあります。

最後のまとめ

消費者金融からお金を借りた場合、返済が上手くいかずに悩むこともあると思います。

借金の負担を軽くするためには、節約したり収入を増やしたりなどが良いやり方です。
ただし、それだけでは行き詰まることもあるかもしれません。

その場合は、借金相談カフェの無料診断サービスを利用してみてください。

借金をいくら減らせるかが匿名で分かるツールがとても便利です。

アンケート調査をしてみました

多額の借金を減額したい時、何をしたらいいの?

多額の借金があり、現在の状況では返済が難しい場合は何をしたらいいのでしょうか?

借金返済のために別の金融機関からお金を借りるのは、
雪だるま式に金額が膨れ上がってしまう恐れがあり、おすすめできません。

借金を減らすには親族や知人から借りたり、債務整理をしたり、収入源を増やしたりといった方法があります。

こちらでは、実際に借金をした経験のある人が、借金を減らすためにどのようなことを行ったのかを紹介します。

借金を減らしたい時、どのようなアクションを起こしましたか?

アンケート調査の結果

  • 1位:家族・親戚・友人など身近な人から借り入れた・・・29%
  • 2位:債務整理の相談を弁護士にした・・・28%
  • 3位:収入源を増やした・・・26%
  • 4位:その他・・・13%
  • 5位:消費者金融から新たに借り入れた・・・2%
  • 6位:法人から新たに借り入れた・・・2%

1位:家族・親戚・友人など身近な人から借り入れた

  • 利息が膨れ上がってしまう前に手を打つ必要があったため、家族からまとめてお金を借りて返済しました。(46歳・福井県・男性)
  • 借金を返さなければ雪だるま式に増えて行くだけなので、全額返済するために親に頼んでお金を借りました。(41歳・埼玉県・男性)
  • 親にお願いしてまとめてお金を借りて、まず金利の高い借金から返していきました。(43歳・山梨県・女性)
  • 両親から一部を支援してもらい、後は自分で積み立てをして返済しました。(44歳・神奈川県・男性)
  • 親が半分くらい肩代わりしてくれて、なんとか返済の目途が立ちました。(32歳・広島県・女性)
  • 当時付き合っていた彼女がお金持ちだったので、相談したら全額分のお金を渡してくれました。(37歳・神奈川県・男性)

1位は身近な人から借り入れたという意見でした。

家族や親戚、友人から借りれば金利を払わずに返済できるため、借金が雪だるま式に増えていくのを防げます。
一度身近な人から借りて、少しずつ返済していくパターンが多いようです。

中には、借金の一部または全部を肩代わりしてもらった人もいました。

2位:債務整理の相談を弁護士にした

  • 多額の借金を自力で返済することは難しいと判断し、弁護士に相談して債務整理を行いました。月々決まった金額を払えばいいので、返済できなくて悩んでいた時に比べて、精神的な負担が軽くなりました。(36歳・北海道・女性)
  • 自力で返すことが難しかったので、弁護に無料相談をして借金を減額をすることができました。(31歳・長野県・男性)
  • あまりに多額であったため、弁護士に相談しました。親身に相談に乗ってくれて助かりました。(37歳・東京都・女性)

2位は弁護士に債務整理の相談をしたという意見でした。

自分では返済が難しい場合でも、弁護士に相談すると借金を減らせたり、月々の返済を無理のない額に決めてくれたりします。

また、債務整理をしたことで、借金の不安から解放されたという人も多くいました。

3位:収入源を増やした

  • 今までの仕事を辞めて、収入の多い仕事に変えました。ただ、それだけでは返済できないので、深夜のコンビニでアルバイトをしました。そして、やっと借金を完済することできました。(37歳・大阪府・女性)
  • 本業の収入だけでは返済が難しかったので、副業をしてそれを返済に充てました。
    その際に繰り上げ返済をしました。(39歳・福井県・男性)
  • 親族を含め他人には迷惑を掛けたくなかったので、パートをいくつか掛け持ちして収入を増やしました。(47歳・大阪府・女性)

3位は収入源を増やしたという意見でした。

本業だけでは返済が難しい場合、アルバイトをしたり、パートを掛け持ちしたりして収入を増やしたようです。
親族や身近な人に頼らずに返済したい場合は、副業を選ぶ方が多いです。

最後のまとめ

借金を完済した人や返済中の人にアンケートしたところ、借金を減らすためにまず身近な人から借りたケースが多かったです。

銀行や金融機関でお金を借りると利息を払わなければなりませんが、親族や知人であれば借り入れた金額のみの返済で済みます。
中には、借金の一部や全額を肩代わりしてもらった人もいました。

次に多かったのは、弁護士に相談して債務整理をしたという意見でした。
法律事務所に行って返済プランの相談に乗ってもらうことで、借金を減額できたりします。

自分で返済するのが難しい場合は、ぜひ相談してみるといいでしょう。

また、収入源を増やすことで返済した人もいました。
本業に加えてアルバイトをしたり、パートを掛け持ちしたりすることで収入を増やしたようです。

ただし、仕事を掛け持ちするのは負担が大きく、体力面や精神面で消耗してしまう可能性があります。

なので、確実に借金を減額したい場合は債務整理がおすすめです。
身近な人にお金を借りられれば無理なく返済できますが、貸してくれる方がいるとは限りません。

また、副業するのも大きな負担がかかってしまいます。

借金でお悩みの方は、弁護士に無料相談ができる借金相談カフェを利用してみるといいでしょう。